パパにも見てほしい!19歳年下嫁を持つ夫の育児奮闘記!

〜昭和生まれの夫と平成生まれの妻と間も無く生まれる令和BABY〜女の子産まれました!

産まれて初めてのクリスマスプレゼント〜ファーストトイ〜

f:id:nsm4778:20191226200500j:plain

目次

 

 

育休が始まりました

 

12月25日。早いもので、今年もクリスマスがやって来ました。

”早いもので”とはいっても、去年のクリスマスはどう過ごしたのか覚えていません。毎年、去年はどうしてたっけなー、と言っている気がします(^^;)

まぁほぼほぼ仕事なんですけどね。

 

 

今年はというと、24日から育休が始まりました。

申請は27日からにしていたのですが、シフトの関係で24日から休みに入ることになりました。

念入りに大掃除ができるようになったので、うれしい誤算と捉えています。

できるだけピカピカなお家にま〜ちゃんを迎え入れたいですしね(*´ 艸`)

 

 

25日に嫁の実家へやって来ました。ちょうど1週間ぶりの、嫁とま〜ちゃんとの対面です。

嫁はとてもよくがんばってくれています。ちょっと顔色がよくないですけどね。寝不足と、ま〜ちゃんの世話でほとんど外に出てないというのもあるでしょう。

 

 

ま〜ちゃんはというと、あまり変わっていなかったですね。ぽっちゃりしてきたと聞いていたんですが、二重アゴになっていたぐらいでしょうか。笑 25日でちょうど生後20日となりました。

 

 

初めてのクリスマス

 

さてクリスマスということで、あらかじめ買っておいたファーストトイをま〜ちゃんにプレゼントしました。おもちゃを渡してもなんの反応がないのはわかっています。親の自己満足ですね(^^;)

 

 

ファーストトイに僕たちが選んだのは、キリンのソフィーの人形。ラトラとセットになっているものにしました。

 

f:id:nsm4778:20191226200953j:plain



 ソフィー単体でも売っていますが、このようにラトラとのセットだったりブランケットとのセットだったり、いろいろあります。

またソフィーが描かれたプレートや授乳ケープなど、様々なアイテムが販売されております。

 

キリンのソフィー

 

このキリンのソフィー。ご存知の方も多いのではないでしょうか。インスタグラムでも、大勢の方が載せています。

インスタ映えするのはもちろんですが、実は機能性でも優れています。

 

キリンのソフィーは1961年、フランスで誕生しました。以来、世界中の赤ちゃんに愛され、数々の賞を受賞しています。

 

 

人気の理由

なんといっても、まずはその見た目のかわいらしさでしょう。愛らしい表情はどこか懐かしさを感じさせ、大人でさえ魅了されます。

産まれたばかりの赤ちゃんはまだ視力が発達していませんが、このキリンのソフィーの茶色の模様や丸い目は赤ちゃんの目に見やいようです。

 

ソフィーの握ると音が出ます。キューという音ですね。ソフビ人形などでよくありますよね。誰しも1度は手にしたことがあると思います。

この音は赤ちゃんが大好きな音らしいです。また握ることで音が出るという学習にもなります。

 

触った感じ、手に持った感触が優しい柔らかさでとても気持ちいいです。振り回して当たっても痛くないので安心です。

 

マレーシア原産の天然ゴムで作られたソフィー。この天然ゴムは、香りがいいことで知られているようです。鼻を近づけ匂ってみると、バニラのような少し甘いやさしい香りがします。

 

赤ちゃんはなんでも口に入れようとしますよね。でもこのソフィーはそういった点においても安心なんです。

天然ゴム、そして食用の塗料で色づけされているのです。なので口に入れても安心で、歯固めとしてもソフィーは用いられています。

 

 

しかしこのソフィーですが、1番喜んでいたのは嫁ですね(^^;)

かわいー!とはしゃいでいました。

ま〜ちゃんはまだ理解していませんし、握ることもできません。新生児が握るには、ちょっと大きいですね。もう少し経つと遊んでくれるでしょう。

まぁソフィーが嫁の疲れを少しでも癒してくれたのなら、ま〜ちゃんのために買ったとはいえ良かったんじゃないでしょうか。

 

 

赤ちゃんだけでなく周りの人を幸せな気分にしてくれるソフィー。

いっぱい集めたくなりますね。 \( ᐙ )/わーい←バカ親

 

 
 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

ランキングに参加しています。