パパにも見てほしい!19歳年下嫁を持つ夫の育児奮闘記!

〜昭和生まれの夫と平成生まれの妻と間も無く生まれる令和BABY〜女の子産まれました!

育休中のご飯。パパが担当でもいいんじゃない?余裕ができてきたので料理動画作ってみた!

f:id:nsm4778:20200206011232j:plain

 

目次

息抜きも必要

こんにちは。

早いもので2月もあとわずか。育休もあと1ヶ月と2週間ほどとなりました。

育休中はたいてい家にいるので、当然のことながら嫁ともずっと一緒にいます。ふたりとも、なかなかストレスが溜まっております。育児ではなく、夫婦間の問題ですね。

ほぼ四六時中一緒にいれば、そりゃあストレスも溜まりますよね。これはもう仕方のないことだと思います。だからこそ、ストレス解消になるものがないとただただ辛い時間になってしまいます。

 

育休中のご飯は、朝昼晩とほぼ僕が担当しております。結婚当初から、仕事が休みの日は僕が作ったり嫁と一緒に作ったりということをしていたので、料理はまったく苦じゃありません。むしろ趣味のひとつなので大歓迎なんです。これがストレス解消に今のところなっています。

掃除も僕の担当。洗濯は半々かな?

育休中の今は、それらに当然育児が加わります。

できたパパだなぁと思われるかもしれません。でもね、そんなことないんです。年甲斐もなく、しょっちゅう喧嘩してますしね。さすがにイライラするときもありますよ。

 

ふたりで分担しているとはいえ家事はキツイときもあるので、少しでも楽になればとお掃除ロボットルンバを買っちゃいました。

結論から言うと、ルンバは買って大正解でした。嫁も喜んでいます。

楽できるところは楽をして、そして趣味などに時間を費やすことができればいいですよね。こういったところは、ふたりで育児をしている強みなのではないでしょうか。

しかしなによりも、まーちゃんが昼も夜もよく寝てくれるようになったのが大きいですね。

気持ち的にも身体的にも余裕ができてきたので、趣味のひとつである料理を動画にしてみました。(急展開)

で、今日は朝ごはんやおやつにぴったりな、チーズケーキのようなフレンチトーストをご紹介したいと思います。よかったらご視聴よろしくお願いします。

ぜひ音声もお聴きください。聴いてもらえると喜びます。

 

チーズケーキのようなフレンチトースト


チーズケーキのようなフレンチトーストレシピ

材料

・食パン1枚

・プレーンヨーグルト100グラム

・牛乳100グラム

・はちみつ大さじ2

・レモン汁小さじ2

・バター適量

 

はちみつ大さじ2となっていますが、僕はアガベシロップを使っています。

アガベシロップは、血糖値が上昇するスピード(GI値)が低いのが特徴です。

作り方

①ヨーグルト、牛乳、はちみつ、レモン汁をよく混ぜます。

②トレイに流し、食パンを浸します。

③両面にしっかり液を染み込ませましょう。

④しっかり染み込んだらフライパンにバターを入れ、弱火でパンを焼きます。蓋をして、2〜3分蒸し焼きにします。

⑤ひっくり返して、同じように蓋をして2〜3分蒸し焼きにします。きれいな焼き色が付けば完成です。

⑥シロップやシュガーパウダー、またブルーベリーなどのフルーツをトッピングしてもいいですね。

 

最後に

卵を使わないフレンチトーストなので、アレルギーのある方でも大丈夫ですね。

ヨーグルトとレモンの酸味がちょっぴり効いた爽やかなフレンチトーストです。もちもちとした食感が楽しめます。

簡単なのでぜひ作ってみてください。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ

ランキングに参加しています。